アストル ピアソラ。 アストル・ピアソラ巡礼ルポ

アストル・ピアソラ巡礼ルポ

アルゼンチンはスペイン語圏。 タンゴを元にクラシック、ジャズの要素を融合させた独自の演奏形態を産み出した。 非常にドラマチック。 2) 『奇抜な音楽をやったからといって現代的であるとは言えない。 フーガというのは,ある旋律が同じ曲の中で,形を変えながら何度も繰り返し登場する形式のことで(バッハの「トッカータとフーガ」がその代表だろう),何度も繰り返し登場する主旋律が非常に印象に残るのが特徴だ。 この時から、私はことあるごとに「ストラヴィンスキー亡き後、現存する最高の作曲家はショスタコーヴィチとアストル・ピアソラである」と言い続けてきた。

>

リベルタンゴ Libertango アストル・ピアソラ

ピアソラは、そこにバロックやフーガといったクラシックの構造や、ニューヨークジャズのエッセンスを取り入れることで、強いビートと重厚な音楽構造の上にセンチメンタルなメロディを自由に展開させた。 タンゴの革命児・アストル・ピアソラ TANGO TANGO タンゴの革命児・アストル・ピアソラ アストル・ピアソラについて (Astor Piazzolla 1921~1992) アストル・ピアソラという名前を耳にしたことがあるだろうか? ピアソラが死んでから,最近,世界中でこの音楽家の曲がにわかに注目されるようになり,日本でもCDが数多く発売されたり,またTVのCMやBGMとしても広く使われるようになってきたので,一度くらいはその音楽の片鱗でも耳にしたことがある人は結構たくさんいるかもしれない。 「ムキキーッ!」 直行便は車体が立派で急行料金も高そうだったので利用をためらっていたが、そのうちシビレを切らして乗ることにした。 そして3時間近く東南へ飛びマイアミへ。 ピアソラの音楽にはこのコラソンがこもっているからすばらしいのである。

>

アストル・ピアソラ Astor Piazzolla

僕は文芸研究家であると同時に徹底的ド根性ミーハー。 僕はものすごくソソられたが、3時間後のマイアミ行きに乗り継がねばならんかったので、今回は涙を呑んでこらえた。 何度も乗りまくっただけに、車内では色んな出来事があった。 そういった意味では,彼の音楽は一種のカタルシスなのかもしれない。 芝生の水滴がキラキラ輝き、青さが目に沁みた。

>

アストル・ピアソラの楽曲一覧

) この後、昨日ズブ濡れになったことや、目的を達成して緊張の糸が切れたことで、夜半過ぎから39度の高熱が出た。 ピアソラの音楽は、共演者から「二十年先行していた」と評価されるほど、時代の先見性に富んだパイオニア的存在だった。 ブエノス市内では、やはり地下鉄が便利。 しかし、この時期、「現代の音楽」としてのピアソラの音楽は、「難解な現代音楽」に困り切っていた現代のクラシック演奏家たちの間に確実に広まりつつあった。 通常は左手の低音域でコード(和音)を弾き,右手の高音域でメロディーを奏でることになる。 彼女は僕と目が合うと前方を指差した。 アルゼンチン・タンゴをベースに、ジャズやクラッシックなどを大胆に融合させ、ピアソラは精力的にオリジナル作品を生み続けて行きました。

>

クラシックギター その魅力 Vo.5 ~アストル・ピアソラについて~

墓の手前で車から降りたかと思うと、一輪のカーネーションをガルデル像の足元に置き、しばしその顔を見つめた後、再び走り去った。 陰のある抑えた音色が、人間の情念を表現するタンゴに向いていた。 その中から「ピアソラ」という名前が突出したのは、一般の人にとっては1995年のSF映画「12モンキーズ」(ブルース・ウィルス、ブラッド・ピット主演)のテーマで組曲「プンタ・デル・エステ」の一曲が使われたこと、そして1997年のヨー・ヨー・マによる「リベル・タンゴ」のヒットが大きい。 アコーデオンと同じような楽器だと思っていたバンドネオンが、実は鍵盤がなくボタン(しかも特殊な並び方をしている!)で演奏する不可思議な楽器だと知ったのもその頃のことである。 やがて扉を開けて出てきた時、彼の手には楽譜が握られていた。

>

アストル・ピアソラ巡礼ルポ

付近一帯の墓は全部プレート式で、まったく同じ形の墓が芝生の上に見渡す限り並んでいたのだ。 日本だと新聞に投稿されるだろうけど。 このような構造のバンドネオンなのだが,その複雑さゆえに弾きこなせるようになるとかなり表現力豊かな楽器となる。 タンゴの強烈なリズムとクラシック・現代音楽との融合 彼の音楽について千語を尽くしたところでその世界を解説することなどはできないのだが,ここでは,あくまでタンゴという世界から見たピアソラの音楽について少しばかり語ってみたい。 彼女は女性の選挙権を確立させたり、軍人出身のダンナ(大統領)に労働者優遇政策をとらせたりと、国民からは絶大な人気を博したが、白血病のため33才の若さで亡くなった。 その直後から、追悼盤や旧作のCD化などによりピアソラの音楽は広まっていった。

>

Astor Piazzolla (アストル・ピアソラ)|プロフィール|HMV&BOOKS online

物売りは文房具が一番多かった。 9.天使の死…七色に変化するリズムの妙を楽しめる。 ちなみにカジポンは本名の音読、残月は朝9時頃、とっくに自分の出番が終わってるのに白月がウジウジと空に残ってるあの往生際の悪さ、未練がましさ、その上自分で輝けず他者(太陽)に照らしてもらってる情けない姿、そーゆーのが全て愛しくて付けた名前だ。 挑戦的な激しさとその裏に隠された悲哀 以上,ピアソラの音楽のルーツらしきものを述べてきたが,詰まるところそんなものは彼の音楽に対する一種の情報にしか過ぎない。 「あの…郊外のピラールにピアソラの墓があると聞いたのですが…」 「あら、彼のお墓はそんな郊外にあるの?」 僕に聞き返してどうするんだ~!ど~して政府の旅行案内所のあんたが知らないの~!? 彼女いわく、 「今まで誰もピアソラの墓地を尋ねた人はいないのよ」 途方に暮れガックリと案内所を出ようとしたその時、郵便配達のおばさんが入って来た。 さらに次のバスを待つ。 アストル・ピアソラは1921年3月11日、アルゼンチンで生まれた。

>

Astor Piazzolla (アストル・ピアソラ)|プロフィール|HMV&BOOKS online

(映画『エビータ』にはチェ・ゲバラと踊るシーンがる。 しかし、にもかかわらずその音楽は限りなく熱く、切々たる存在感を放射している。 その時はもちろん中野サンプラザまで聴きに行った。 だが、突風のせいで2分後には骨が半分折れてしまう。 <第2楽章> 「1,930年:カフェ」 人々はタンゴを踊るのを止め、タンゴを聴くようになりました。

>